救命救急センター

グレンイーグルス・クアラルンプールには、集中治療室(ICU)および救命救急センター(CCU)があり、突然命を脅かされた状態になった患者を対象に利用されています。医療ブロックの2階にある同ユニットには、20のベッドが設置されており、患者は看護スタッフから一対一のケアを受けることができます。

集中治療室(ICU)には、高品質のモニター装置や装備が用意されています。さらに心疾患の他、緊急の症状へ即座に対応できるよう訓練を積んだ職員たちが対応します

ICU/CCUには、最新の侵襲性治療と非侵襲性治療用の装備が全て揃っています。これらにより成人・幼児の心臓血管や、脳神経や腎臓部の治療、外傷等、緊急に回復させる必要がある症状への専門的治療が可能になります。

また2階には、引き続き臨床監視、観察、治療、看護を必要としますが、重体の状態からは脱し、集中治療の必要はない患者を対象とし、た重症ケアユニット(HDU)もあります。